« 正戦論をめぐって~その3 杉田敦『境界線の政治学』のウォルツァー批判 | トップページ | 世界とはメディアなのか~再び中川大臣の記者会見について »

中川大臣のあの記者会見について

適切なコミュニケーションが取れないことを、常識的感覚に基づけば「酩酊」とは言わずに「身体の異常」というだろうに。

酒を飲んでいたとしても、事態の原因の大半はなんらかの健康上の問題があったと考えるほうが妥当性が高いだろう。

まさか小渕総理が倒れた記者会見を「首相が酩酊して」と報ずるメディアはなかったが、しかし・・・

関連:「世界とはメディアなのか~再び中川大臣の記者会見について

|

« 正戦論をめぐって~その3 杉田敦『境界線の政治学』のウォルツァー批判 | トップページ | 世界とはメディアなのか~再び中川大臣の記者会見について »

時事評論」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中川大臣のあの記者会見について:

« 正戦論をめぐって~その3 杉田敦『境界線の政治学』のウォルツァー批判 | トップページ | 世界とはメディアなのか~再び中川大臣の記者会見について »