« 非核三原則は言われているより限定的内容しか持たない | トップページ | 政治において国民に求められる判断とはなにか »

民主党は独裁制への道を進むのか?

鳩山(由)が記者会見している。(izaニュース

細かく言いたいことはいくらでもあるんだけど(「長期政権がもたらしました政治不信」って言ってるけど、同じく長期政権のスウェーデンの人が聞いたらきっと怒るよ、とか)、一番気になったのは次の内容。

そこで私はやはりこの国にはそれなりの理念というものが今、求められているはずだ、と。その理念を友愛と感じたのでございます。これは私の以前から主張している思いではございますが、フランス革命のときには自由・平等・博愛という3つが叫ばれたわけでありますが、このときは貴族の社会からいわゆる市民が蜂起をして、独立を勝ち取るための戦いであり、自由も平等もあるいは博愛・友愛もこれは両立し得る状況であったわけでございます。即ち貴族から、市民が独立をするという意味において、自由も求められ、平等も求められ、さらに博愛も求められてきたということでございます

おそらく鳩山はフランス革命を理想としてみて、「自由・平等・博愛」を追い求めるのだろう。(そして、市民代表=民主、抑圧する貴族=自民や官僚、のイメージだと考えられる)

ってことは、民主が勝利した暁にはロベスピエールみたいに独裁しいてギロチンする恐怖政治となるといっているのであろうか。

|

« 非核三原則は言われているより限定的内容しか持たない | トップページ | 政治において国民に求められる判断とはなにか »

時事評論」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党は独裁制への道を進むのか?:

« 非核三原則は言われているより限定的内容しか持たない | トップページ | 政治において国民に求められる判断とはなにか »