« 小沢幹事長起訴相当と共同謀議 | トップページ | 非人道兵器の人道性 »

エリート校と経済格差

なんか国立大付属小・中・高校が批判されているよう(熟議カケアイ)。
特に私もいたことのある筑波大学付属駒場高等学校(筑駒)は、東大入学者が多かったりでやたら批判にさらされることが多い。

けど、なんかいろいろ誤解したまま批判している人も多いようなので、とりあえずいくつか書いておく。


まず、筑駒はエリート校って言われるけど、とりあえず学内の先生は大学受験に関心をほとんど持ってない。少なくとも、他の公立と比べれば低い。先生は好き勝手なことを教えているだけ、こんなのは国立付属校にいたことのある人ならわかるはず。
じゃあなんで東大合格者が多いって、それは一部は勝手に勉強する人がいるからと、後の大半は塾に行くから。もちろん高校で「知る楽しみ」を教えて、それによって勉強を自発的にするようにするという理想的なフローについては、うちの高校はある程度実現されている気はするが、それは受験教育云々とは程遠いものだろう。

次。筑駒のようなところは実験校として機能しないという批判。これについては、他の公立校で出来ないようなとんでもない授業をする先生がごろごろいるし、すごい教え方をすることもしばしばであるのだから、十分実験校として機能すると思う。
サンプルがエリートに偏っていて平均的でないという意見もあるが、そもそも国は平均的な学生向けの教育法開発しかしてはいけない、という前提に立っている時点でおかしい。勉強が出来る人対象の教育法を考えることは十分意味があるし、そのための実験をすることは意味があるだろう。

また、上のリンクでも言われている
一般の公立校と比べて教育実習生の授業が多いことから、多少の選抜はやむを得ないかもしれません。しかしながら、こんなにも経済的に豊かな家庭に生まれた超優秀児を集める必要があるのでしょうか。
という経済的な問題について。これについてはまったく逆。

まず受験というのは経済的に恵まれているか否かではなくて、勉強が出来るか否かのふるいなんだから、貧乏でも勉強できれば通る。実際塾行かなくても 受かる人はきちんと受かる。むしろ金持ちでも勉強しなければ受からない。
で、勉強は出来るのに私立に行かせるほど金がない、という子どもにとっては、国立校があることで、お金をかけなくても自分の水準に見合った教育を受けれるというのは、むしろ貧乏な家庭を助けるという精神に合致している。国としても、優秀な人がきちんと活躍できるようにするのは望ましいので、両者の思惑がそろってwinーwinの関係になれる。

むしろ「経済格差があるので受験はよくない」という人は、「じゃあ具体的にどうしたらいいのか」をどう考えているのかが全く分からない。

「貧乏な家庭では、教育をきちんと行えないので、素質はあるのに学力がなかなか上がらない」という問題から導かれる帰結は、国公立においてもきちんとレベルの高い教育を提供することで、学校以外の場で教育に金を費やさなくてもきちんと学力を高められるようにする、というものでしかありえない。これはすなわち同一学校内でならレベル別教育であり、学校を区分してよいならエリート校の創設であろう。だから、国立のエリート校の存在は、受験の経済格差という観点からはむしろポジティブに機能しているといえよう。
ただしエリート校を作るためには、その学校にいる生徒を一定程度の学力水準にある人で揃えておく必要があるので、何らかのセレクションが不可欠となる。それが受験なのであり、受験というシステムは、実力に見合った教育を受けるように振り分けるシステムとしては、存在する限りでは最善のシステムであるといえよう(もちろん、受験にもランダム的欠陥はあるわけで、だから優秀なのに受験に落ちるということもある。しかし少なくとも他の方法(強制割り当て、くじ等々)よりは選別の方法として妥当であるとは言える)

そしてよくいわれる「受験熱」。まず受験の何が悪いのか。少なくとも能力による選別プロセスはよい教育のためには必要(これは逆にそこまで勉強のできない人には、無理に難しいことを教えても意味がなくて、きちんと基礎のフォローの行きとどいた教育の必要があることからもわかるはず)。もちろんテクニック傾倒、ばかばかしい暗記とかはよくないと思うが、でもとりあえず私の受けた筑駒の入試問題は他と比べればその色は薄いと思う。


ものすごくうがった見方をすると、こういう批判をする人ってそもそも「優秀な人に税金が投入されているという事実それ自体」を嫌っているように思えてしまう。



|

« 小沢幹事長起訴相当と共同謀議 | トップページ | 非人道兵器の人道性 »

平等」カテゴリの記事

ウェブ」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリート校と経済格差:

« 小沢幹事長起訴相当と共同謀議 | トップページ | 非人道兵器の人道性 »