« 2012年5月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年6月

「通俗的」行動経済学のケーススタディの問題

最近「行動経済学」がブームである。クイズ形式で「いかに人間が不合理か」を示せるので通俗書でもよく取り上げられるのだが、そういうところで取り上げられるクイズは、冷静に考えてみると説明がおかしかったり、設定が非常識であったりして、そもそもの目的に失敗していることも多い。いくつか例を取り上げてみてみよう(ちなみに、当のカーネマンの実験は純粋にお金をやり取りする実験で行われており、こういう問題点には陥っていない)

続きを読む "「通俗的」行動経済学のケーススタディの問題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年12月 »