« D-Waveの開発したコンピュータは「量子コンピュータ」なのか? | トップページ | 差別論の構造~人工知能学会誌の表紙問題 »

麻生ナチス発言はどう解釈すべきか

麻生太郎がナチスを肯定する発言を行ったとして問題になっている。これについては発言全文を見た上で、「ナチスは否定的に言及されているだけ」という議論と、「やっぱりナチス擁護だ」という議論とがともにあり、解釈の部分で見解が割れているようである。そこで、麻生発言の解釈として最も妥当なものを以下では考えたい。

まず、発言の全文を引用しておく。

僕は今、(憲法改正案の発議要件の衆参)3分の2(議席)という話がよく出ていますが、ドイツはヒトラーは、民主主義によって、きちんとした議会で多数を握って、ヒトラー出てきたんですよ。ヒトラーはいかにも軍事力で(政権を)とったように思われる。全然違いますよ。ヒトラーは、選挙で選ばれたんだから。ドイツ国民はヒトラーを選んだんですよ。間違わないでください。

 

 そして、彼はワイマール憲法という、当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法下にあって、ヒトラーが出てきた。常に、憲法はよくても、そういうことはありうるということですよ。ここはよくよく頭に入れておかないといけないところであって、私どもは、憲法はきちんと改正すべきだとずっと言い続けていますが、その上で、どう運営していくかは、かかって皆さん方が投票する議員の行動であったり、その人たちがもっている見識であったり、矜持(きょうじ)であったり、そうしたものが最終的に決めていく。

 

 私どもは、周りに置かれている状況は、極めて厳しい状況になっていると認識していますから、それなりに予算で対応しておりますし、事実、若い人の意識は、今回の世論調査でも、20代、30代の方が、極めて前向き。一番足りないのは50代、60代。ここに一番多いけど。ここが一番問題なんです。私らから言ったら。なんとなくいい思いをした世代。バブルの時代でいい思いをした世代が、ところが、今の20代、30代は、バブルでいい思いなんて一つもしていないですから。記憶あるときから就職難。記憶のあるときから不況ですよ。

 

 この人たちの方が、よほどしゃべっていて現実的。50代、60代、一番頼りないと思う。しゃべっていて。おれたちの世代になると、戦前、戦後の不況を知っているから、結構しゃべる。しかし、そうじゃない。

 

 しつこく言いますけど、そういった意味で、憲法改正は静かに、みんなでもう一度考えてください。どこが問題なのか。きちっと、書いて、おれたちは(自民党憲法改正草案を)作ったよ。べちゃべちゃ、べちゃべちゃ、いろんな意見を何十時間もかけて、作り上げた。そういった思いが、我々にある。

 

 そのときに喧々諤々(けんけんがくがく)、やりあった。30人いようと、40人いようと、極めて静かに対応してきた。自民党の部会で怒鳴りあいもなく。『ちょっと待ってください、違うんじゃないですか』と言うと、『そうか』と。偉い人が『ちょっと待て』と。『しかし、君ね』と、偉かったというべきか、元大臣が、30代の若い当選2回ぐらいの若い国会議員に、『そうか、そういう考え方もあるんだな』ということを聞けるところが、自民党のすごいところだなと。何回か参加してそう思いました。

 

 ぜひ、そういう中で作られた。ぜひ、今回の憲法の話も、私どもは狂騒の中、わーっとなったときの中でやってほしくない。

 

 靖国神社の話にしても、静かに参拝すべきなんですよ。騒ぎにするのがおかしいんだって。静かに、お国のために命を投げ出してくれた人に対して、敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。静かに、きちっとお参りすればいい。

 

 何も、戦争に負けた日だけ行くことはない。いろんな日がある。大祭の日だってある。8月15日だけに限っていくから、また話が込み入る。日露戦争に勝った日でも行けって。といったおかげで、えらい物議をかもしたこともありますが。

 

 僕は4月28日、昭和27年、その日から、今日は日本が独立した日だからと、靖国神社に連れて行かれた。それが、初めて靖国神社に参拝した記憶です。それから今日まで、毎年1回、必ず行っていますが、わーわー騒ぎになったのは、いつからですか。

 

 昔は静かに行っておられました。各総理も行っておられた。いつから騒ぎにした。マスコミですよ。いつのときからか、騒ぎになった。騒がれたら、中国も騒がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。だから、静かにやろうやと。憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。

 

 わーわー騒がないで。本当に、みんないい憲法と、みんな納得して、あの憲法変わっているからね。ぜひ、そういった意味で、僕は民主主義を否定するつもりはまったくありませんが、しかし、私どもは重ねて言いますが、喧噪(けんそう)のなかで決めてほしくない。http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201307310772.html

前半部分はナチスに関しては否定的に言及されている一方で、後半では一見するとナチスを肯定しているようにも読めてしまい、これが混乱を与えているようである。しかし、これが「前半と後半で主張が違う」「論旨が通ってない」ように読めてしまうのは、ある先入観にとらわれているからであり、その先入観を外して見れば、極めて筋の通った解釈が出来る。

その先入観とは「静か=誰も気づかない(気付かれないうちにこっそり憲法を変える)」というフレームである。この先入観が作られてしまったのは、発言全文が出る前の第一報で「だから、静かにやろうやと。憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。」という問題の箇所だけ取り出されて報じられたので、全文を読んで前半部分でナチスを否定していることを知った後も、そのフレームはそのまま残ってしまっているのであろう。

しかし、このフレームは誤っていることが本文をきちんと読むと分かる。第一の論拠は発言中盤の

そのときに喧々諤々(けんけんがくがく)、やりあった。30人いようと、40人いようと、極めて静かに対応してきた。自民党の部会で怒鳴りあいもなく。『ちょっと待ってください、違うんじゃないですか』と言うと、『そうか』と。偉い人が『ちょっと待て』と。『しかし、君ね』と、偉かったというべきか、元大臣が、30代の若い当選2回ぐらいの若い国会議員に、『そうか、そういう考え方もあるんだな』ということを聞けるところが、自民党のすごいところだなと。何回か参加してそう思いました。

という箇所である。ここでは「静か」は肯定的に用いられているが、ここでの意味は「こっそり憲法を作って変える」では全く意味が通らない。ここでいう「静か」は「怒鳴り合い」との対比で「冷静かつ理性的な議論をした」という意味である。

第二の論拠は、問題の箇所直後の

わーわー騒がないで。本当に、みんないい憲法と、みんな納得して、あの憲法変わっているからね。

という箇所である。「あの憲法」はワイマール憲法を指しているが、もし「静か」が「気づかれないうちにこっそりと変える」の意味だったら、「みんな」は存在さえ知らない以上、「みんな納得して」という表現は皮肉としてさえ解釈不能である。

そして、そもそもナチスは国民の熱狂と喝采の中でワイマール憲法に手をつけているので、この解釈をとると麻生の事実誤認を積極的に擁護することになる。もちろんこの可能性はあるものの、これは発言者が誤っていることを仮定するものであり、そのような必要のない解釈があるならば真っ先に捨てられる解釈であることを示している。

以上より、「静か=誰も気づかない(気付かれないうちにこっそり憲法を変える)」という解釈はあまり妥当でないことが分かる。では、どのように解釈するべきなのだろうか。
これは、政治思想の文脈をきちんと踏まえているならば、実はわりとすっきり理解できる。麻生の主張は「感情的な状況の排除。冷静な議論の擁護」なので、これは典型的な「ポピュリズム批判」である。麻生の議論のフレームは「熱狂=感情的/静か=理性的」であり、前者は否定的に、後者は肯定的に言及されている。
では、この枠組と「気付かない」とはどういう関係にあるか。これもまたポピュリズム論ではよく出てくる話であり、「人々が感情的に熱狂してしまうがゆえに、きちんとした判断が出来ず、流されて自分でも気付かないうちにとんでもない案を支持してしまう」という状況を指している。これは悪質商法の一種である催眠商法(集団で熱狂した状況におくことで、とんでもない価格のものを買わせてしまう商法)を思い浮かべれば納得できるだろう。
なので、麻生発言の「気づかない」は「騒ぐ・熱狂」の側とセットになっており、感情的なために「理性がきちんと気付けずに軽率な判断をする」ことを指しているのである。

このフレームを踏まえれば、麻生発言はすっきりと理解できる。ワイマール憲法は、国民が熱狂の中にいて理性的な判断が出来なかったために、「気づかずに」いつの間にか憲法がいじられていた、ということである。そして「この手口」が反面教師として言及されている。この解釈は史実としてもまともだし、規範的な主張としても自然であり、前半と後半の筋もとおっている。
そして、これを踏まえれば、この直後の「みんな納得して」憲法が変わったという言及が皮肉であることも分かる。これは悪質商法に引っかかった人に対し「でもあなたは納得して買ったんですよね」というのと同じ意味での皮肉である。

他のブログの解釈を見ると「前後の首尾一貫性はない(前半は虚言であるから/あるいは麻生は愚かだから)」「事実誤認をしている(麻生は愚かだから)」「規範的にも到底信じがたいものを支持している(麻生はトンデモだから)」のような、「発話者の発言内容の正当性を可能な限り高めるような解釈をすべき」という文章解釈の基本的なルールに真っ向から反するような解釈が横行している。
そのような解釈よりも、ここで示した解釈の方が明らかに解釈として妥当であることは言うまでもないだろう。

(もちろん、麻生が自分たちの議論を「理性的」、批判者を「感情的」としているのはいかにも自己都合だ、というのはその通りであろう。しかし、ここで問題にしているのは発言解釈の件なので、そうした部分についてはここでは論じていない)

|

« D-Waveの開発したコンピュータは「量子コンピュータ」なのか? | トップページ | 差別論の構造~人工知能学会誌の表紙問題 »

時事評論」カテゴリの記事

コメント

まったく同感です。

投稿: mikiowing | 2013年9月 1日 (日) 22時35分

ワイマール憲法自体はナチス政権下でも残っていましたし、「手をつけている」という意味がいまいち明瞭な表現ではないので何を意味しているのかわかりかねます。

それと、こういうことは文章内での屁理屈で解釈するのではなく、話者の政治思想、以前の発言、発言した場所などそういうコンテクストも含めて、理解しなければならないものです。麻生の政治思想の文脈でとおしゃりながら、その点を見ておらず、彼のこの発言内容の範囲から「感情的な状況の排除。冷静な議論の擁護」「ポピュリズムの排除」というのは、明らかに間違った結論です。彼の思想はポピュリズムの排除ではなく、「選挙を通して獲得した政権与党の絶対的な権限」による支配にあり、世論がそれについてどうこういうのは問題外だということにあります。だから、世論からたたかれると面倒だから、静かにやりましょうといってるわけですよ。だから、与党自民党内での議論は静かだという表現をしているわけです。
 

投稿: | 2014年7月29日 (火) 14時27分

コメントありがとうございます。

しかし、結局あなたのロジックは「麻生は邪悪で独裁志向である」ということを「前提」として解釈を始めれば、「麻生は邪悪で独裁志向である」という風に解釈される、という形になっているので、その勝手な前提を認める限りそうなるのではないですかとしか言いようがないです。

投稿: admin | 2014年8月 3日 (日) 12時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生ナチス発言はどう解釈すべきか:

« D-Waveの開発したコンピュータは「量子コンピュータ」なのか? | トップページ | 差別論の構造~人工知能学会誌の表紙問題 »